Blogブログ

注文住宅の資金計画①~基本編~

2018.07.19

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>157</b><br />

注文住宅でマイホームを手に入れる!夢が広がっていく一方、お金のことが気になりますよね。現在、住宅ローンの超低金利が続き、さらに2020年に消費税が10%増税することから、戸建ての新築を検討されている方も多いと思います。その際、建築費用をどうまかなうかに目が行きがちですが、その後の生活や家族の将来など完成後の費用も考えていくことが大変重要です。

そこで、戸建ての新築の「資金計画」について、ポイントをアドバイスしましょう。

▼自己資金を把握する

資金計画では、まず手持ちの資金を把握し、本体価格や諸費用など新築総額の概算、頭金と住宅ローンの借入額などを算出していきます。一般的に戸建ての新築の総費用は、建物本体価格が全体の約70%・付帯工事費が約15~20%・その他諸経費が約5%~10%で、例えば3,000万円の戸建ての新築ではプラス30%の900万円ほど必要となります。

別途費用としてウエイトを占めるのが土地の地盤調査・改良費。土地の状況と調査結果によっては大幅な改良工事を要することを念頭に入れておきましょう。また、駐車場や門扉などの外構工事、ガスや水道などの敷設工事も別途費用がかかります。諸経費は契約や登記などにかかる印紙代や登記費用・火災保険料といった現金で支払うものが多数。完成までの仮住まい・引っ越し・家具家電の新調などの費用も用意しておきます。完成後は生活費を含めランニングコストがかかります。例えば、固定資産税・都市計画税・火災・地震保険料などは1年ごとに支払い。10年前後でメンテナンス費が必要です。

戸建ての新築では、大半の方が住宅ローンを利用されますが、借入可能な金額は購入価格や建設費の80%まで、自己資金は20%程度が一般的。超低金利の今、頭金なしでも新築、借入は可能ですが、その分、利息や月々の返済額は増えます。完成後の生活を考えると、資金はいくら借りられるかではなく、無理なくいくら返せるかという観点から計画していきましょう。

▼ライフプランニングを立てる

戸建ての新築費用と住宅ローンはその後の生活、お子さまをはじめ家族の将来にも影響してきます。そのため、資金計画では今後の人生にどれだけのお金がかかるのかシミュレーションし、それを元に住宅ローンなどを考えていきます。

今後のお金のシミュレーションは「ライフイベント表」を使うと便利です。これは家族の夢や目標、それに伴うお金、収支と貯蓄などを1年ごとに洗い出し、書き込んでいくもので、「日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」のHPからダウンロードできます。同HPには年齢や年収、貯蓄額、住居費、生活費などを入力するだけで、今後の収支を自動的にシミュレーション、アドバイスしてくれる「ライフスタイル診断」もあるので活用してみてはいかがでしょうか。

家計の収支について、まず生活費は総務省「家計調査(平成29年度)」によると、二人以上の世帯(平均世帯人員2.98人・世帯主の平均年齢59.6歳)の消費支出は、1世帯当たり1か月平均28万3,027円。リタイヤ後となる二人以上の世帯のうち無職世帯(平均世帯人員2.41人・世帯主の平均年齢73.7歳)の消費支出は23万7,619円となっています。つまり、住宅ローン完済後も月20万円以上の生活費が必要なので、それまでに貯蓄もできるゆとりある資金計画を立てましょう。

主なライフサイクル、ライフイベントにかかる費用の目安もご紹介します。

▼出産費用約49万円(入院料・室料差額・分娩料・検査・薬剤料・処置・その他)

※厚生労働省「第78回社会保障審議会医療保険部会配布資料」より

▼子ども1人当たりの教育費の目安

幼稚園から大学まで公立(国立)の場合 約783万円

幼稚園から大学まで私立の場合 (文系)約2160万円(理系)約2301万円

※文部科学省「子供の学習費調査(平成28年度)」「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」「私立大学等の入学者に係る学生納付金等調査結果について(平成28年度)」より算出

▼結婚費用総額480万円(結納・婚約~新婚旅行まで全国推計値)

親の援助金約189万円

※ゼクシィ「結婚トレンド調査2017」より

▼三大疾病(病気の中でも入院日数が長引き、医療費負担が大きくなる悪性新生物・急性心疾患・脳卒中のこと)の平均入院医療費

胃がんの場合約100万円

急性心筋梗塞の場合 約200万円

脳梗塞の場合約150万円

※公益社団法人全日本病院協会「24疾患別の入院医療費平均」2017年度10〜12月分の重症度別集計より

▼入院時の自己負担費用 約22万円

平成28年度「生活保障に関する調査」より

▼一人1回あたりの旅行単価

国内宿泊旅行約5万円

日帰り旅行約1万6000円

※観光庁「旅行・観光消費動向調査」2017年1~12月期(確報)より

▼自動車平均購入額約171万円(新車・中古車・軽自動車を含む)

※日本自動車工業会「2016年度乗用車市場動向調査」より

▼車の1か月あたりの維持費約13,600円

※ソニー損保「2016年全国カーライフ実態調査」より

戸建ての新築では、こういった事細かなお金も踏まえての資金計画が必要。シビアな面も見えてくるのですが、ライフプランニングやキャッシュフローを作ることは、家族で目標を語り合ったり、マイホームの夢を叶えるために協力しあったりできる良い機会。自分たちに適した理想のマイホームが具体化、現実化し、生涯幸せに暮らしていける準備もできます。

戸建ての新築の最大の目標は「家族が幸せになること」。カラコルの目標ももちろんお客様の幸せを叶えるためです。資金計画もお手伝いするので、注文住宅での新築はカラコルにご相談ください。

 

★理想の家づくりを実現した人たちがやっている『理想の暮らし診断』はコチラ↓
https://life-style-mining.com/shindan001/yamahisa.html
無料ですので、是非お試しください。

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。