Blogブログ

かしこくたっぷり!大型収納|大阪の新築一戸建て・注文住宅はカラコル

2018.07.12

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

注文住宅の新築で重要となるのが収納の間取りですよね。カラコルは収納計画も得意。このブログでは、収納計画のコツを随時お伝えしています。今回は大型収納について紹介しましょう。

 

新築の収納では、スペースはできるだけ広く、数は多くと思いますが、収納は広すぎる、多すぎると、居住スペースを圧迫したり、かえって片付けにくくなることも。完成後、後悔しないよう、収納の間取りでは、物・人・目的・生活動線・時期に合わせた機能、容量を考えることが大切です。また、床面積ではなく、壁面積で考えることもポイント。とくに広さを要する大型収納は綿密に計画しましょう。

 

大型収納は生活必需品や使用頻度の高いものはもちろん、普段使わないもの、季節の家電やインテリアなどを集中的に収納できるのが魅力です。カラコルでは、ゆとりある居住スペースと、すっきり暮らすことができる適材・適所・適量の収納の間取りを同時に計画提案。大型収納も狭小住宅の新築、間取りを数多く手がけてきたことから画期的なアイデアが豊富で、限られた敷地でも大空間、大容量を実現しています。カラコルの大型収納について、収納するものもピックアップしながら紹介しましょう。

 

《ウォークインクローゼット・納戸》

大型収納を代表するウォークインクローゼットや納戸は、収納の小部屋として設置するので、間取りの時から綿密に計画していくことが大切です。

ウォークインクローゼットは、人が中に入ってものを出し入れできる洋風納戸。各部屋に付けたり、一カ所にしたり、要望や敷地によって間取り、大きさは自在。内部に棚やハンガーを設けたり、お手持ちの家具を置いて使えるようにしたりも可能です。

納戸は古くから日本の住宅に設けられてきた収納部屋で、間取り、役割はウォークインクローゼットと同様です。

 

▼ウォークインクローゼット・納戸に収納するもの

シーズン中の洋服・シーズンオフの衣類・靴・帽子・ネクタイ・ベルト・ストール・アクセサリー小物・バッグ・スーツケース・趣味グッズ・寝具(布団・シーツ・枕)・タオル・お手持ちの家具類など

 

≪パントリー(キッチン)≫

パントリーは調理家電やストック食材をまとめて収納でき、ものの数も種類も多いキッチンがすっきり片付いて、作業効率もアップします。シューズクローゼットは、まずシューズクロークを通って靴を脱ぐことで、メインの玄関はすっきり。冬場は玄関でコートを脱いで掛けておく、濡れた傘の傘立てとストックの傘収納を分けるなどの工夫も可能です。また、部屋に置くと邪魔、置き場所に困るものが収納でき、家の中のほかの場所も片付きます。

 

▼パントリーに収納するもの

食品・飲料のストック・調理家電・大型調理器具・重箱・水筒タッパー・果実瓶・来客用食器・頂き物食器・キッチン消耗品のストック・日用品のストック・ショップ袋・紙袋など

 

≪シューズローゼット(玄関)≫

 

▼シューズクローゼットに収納するもの

普段履く靴・濡れた傘・スリッパ・コート類・シーズンオフの靴・折りたたみ傘・乾いた傘・レインコート・ベビーカー・三輪車・子どもの遊具・スーツケース・電気自転車の充電器ント・折りたたみ自転車・電気自転車の充電器・印鑑・キー・靴のお手入れ用品・古新聞・古雑誌など

《掘蔵》

掘蔵は、建物の基礎部分のスペースを有効活用するカラコルオリジナルの床下収納です。2畳・3畳・4.5畳・6畳と広さが選べ、天井高は最大1.3m。居住スペースはそのまま地下室感覚で使え、広さも耐久性も満点。ゴルフバックなど高さもある大きなものを余裕で収納できます。しかも開口部が大きく、出し入れスムーズ。フタを閉めればフローリングの床として段差がなく、目立ちません。外部からの虫の侵入をシャットアウトする防虫ネットも付いています。

基礎部分がそのままになるので、湿気や熱がこもりやすく、書籍や衣類などは収納できません。

 

▼掘蔵に収納するもの

季節の電気製品・洗剤ストック・飲料のストック・漬物・工具・使用しなくなったおもちゃ・アウトドア用品・キャンプ用品・タイヤ・スポーツ用品など

《車庫蔵》

車庫蔵は、インナーガレージ上部のデットスペースを活用するユニークな収納です。居住スペースはそのまま、広さは7.5畳・6畳・4.5畳・3畳、高さは最大1.39mと、一般的な床下収納庫に比べて格段に広くて大容量。3階建てをはじめ、狭小住宅でも大型収納の間取りが叶います。

気密性や耐荷重性に優れ、いろいろなものを収納できることも特長。リビングやキッチンなど上の階から簡単に出し入れができるので、使用頻度が低いものはもちろん、日用品や趣味のグッズなど取り出すことが多いものの収納にも活躍します。

 

▼車庫蔵に収納するもの

季節の電気製品・レジャー旅行用品・園芸用品・ベビーベッドやベビーカーなど子ども用品・日用品・缶詰や缶飲料など缶製品・醤油や食用油など瓶製品・陶器、ガラスの食器類など

《ロフト》

ロフトは天井の高さを生かし、部屋の一部を2層式にした上部空間のこと。就寝や癒しのスペース、趣味、子どもの遊び場として使用されることが多いのですが、収納スペースとしても活用可能。収納したものが目立たず、空間がすっきりします。専用のはしごで昇降するので、重いものの収納は避ける方がよいでしょう。

 

▼ロフトに収納するもの

シーズンオフの衣類・靴・バッグ・寝具(布団・シーツ・枕)・タオル・おもちゃ・書籍など

 

《小屋裏収納》

最上階の天井と屋根の間にできる空間を活用。広さを確保でき、耐荷重性にも優れています。収納式折階段を使って出し入れすること、湿気や熱がこもりやすいことから、重いもの、書籍や衣類などの収納は避けましょう。

 

▼小屋裏収納に収納するもの

季節の電気製品・クリスマスツリーや鯉のぼりなど行事用品・子どものおもちゃ・めったに使わないもの・思い出の品や処分に迷っている品の一時保管など

 

《ステップフロア収納》

リビングの畳コーナー、寝室の書斎などは床上げ=スキップフロアにすると空間を有効活用できます。さらに、スキップフロアによってできた「空間」を収納にすることも可能。広々とした居住空間と収納の間取りが一度に叶い、使い方や片付けるものを選びません。

▼ステップフロア収納に収納するもの

シーズンオフの衣類・靴・帽子・ネクタイ・ベルト・ストール・アクセサリー小物・バッグ・スーツケース・趣味グッズ・寝具(布団・シーツ・枕)・タオル・季節の家電製品・趣味レジャー用品・子どものおもちゃ・書籍など

 

お客様の要望やライフスタイルにお応えすることはもちろん、狭小住宅の新築で培った実績、経験からデットスペースを見逃さず、生かし切るのもカラコルの収納計画の特長。

収納空間によっては、庫内にクロスを貼って片付けが楽しくなるようにしたり、照明やコンセントを設置して出し入れ、掃除がスムーズできるようにしたり、細かい点にも配慮しています。大型収納は、家が完成後に欲しいと思っても設置するのは困難。初めから大型収納をしっかり考えて、設置できるのは新築だからこそです。

注文住宅の新築、そして、より有効な収納計画はカラコルにおまかせください。

 

 


 

 

 

 

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。