Blogブログ

カラコルの事例紹介「京町家風の家」|大阪の新築一戸建て・注文住宅はカラコル

2018.06.28

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

マイホームを建てる時、考えることのひとつが、新築か、リノベーションかですよね。

新築・リノベーション、どちらにもメリットがたくさんあり、カラコルでは新築だけでなく、リノベーションも多数手掛け、得意としています。というのも、リノベーションはカラコルの創業事業のひとつで、45年以上の実績と経験を誇ります。とくに15~20坪以下の狭小住宅を数多く手がけてきたことから、隣地境界線わずか15cmでの建築、連棟式住宅の切り離し、建物内からの外壁工事といったさまざまな技術を構築。敷地や構造に制限があり、建築が難しいといわれる中古住宅、狭小住宅のリノベーションを可能としています。

そこで、今回は戸建てのリノベーションをご紹介しましょう。短期間ながら京都に暮らしたことで、京町家や骨董品のとりこになったご夫婦。お子さまの独立を機に奈良市内にある持ち家をご夫婦と愛犬が楽しく暮らせる、京町家風にリノベーションすることを決意されました。

そのご自宅は、三方が隣家と密接したテラスハウスとも呼ばれる連棟式住宅。「間口が狭くて奥に延び、お隣さんとも近いので、他では工事が難しい上、京町風にリノベーションしたいというリクエストを聞いてもらえなかったんですが、カラコルさんは初めからプランニングを提案してくださって驚きました」とご主人。

カラコルは、中古住宅や狭小住宅のリノベーションで培った設計施工力があったので、ご夫妻のご自宅のような連棟式住宅の切り離しも、隣地境界線わずか15cmでの建築も問題なくクリア。奥に長い敷地もうなぎの寝床と呼ばれる京町家の形状に近く、むしろリクエストに応えられる設計、提案ができたのです。

外観はご要望通り、京町家風の佇まいに。明かり取り用の窓が付いた門は藍染めの暖簾が揺れて趣たっぷり。玄関や2階の窓は以前のままながら、板張りや格子で統一感をもたせました。

暖簾をくぐり、ガラス扉を開ければ1階と直結する間取りを生かし、以前のガレージをリビングとつながる前庭としてリノベーション。2匹のワンちゃんが元気に走り回れて、室内とも行き来自在です。

門の向こうに広がるリビング。以前は和室とダイニングが並び、ご夫妻が暗さと狭さに悩んでおられたことから、壁を取り払い、ひと間続きのワンフロアにリノベーションしました。床はアカシアの無垢材。飴色の照りが京町家の雰囲気を演出します。

3部屋あった2階を2部屋に減築して、吹抜を設置。夏は涼しく、冬は温かく過ごせる町家のアイデアでもあり、1階はもちろん、2階にも採光と通風を実現。自然な曲がり具合と深い色合いの梁も「京町家っぽくて、気に入っています」と奥様。

和室の床の間だった部分をご主人のワークスペースにリノベーション。カラコルが狭小住宅のリノベーションで培った、限りあるスペースを有効活用するアイデアです。

床を一段低くすることで作業に集中できる籠もり感を持たせ、しかも愛犬と目線が同じになるので、ご主人もワンちゃんたちも大喜び。

吹抜の真下にあるので明るくて快適、作業効率も良いキッチンダイニング。一枚板のカウンターはお酒好き&お客好きなお二人がカラコルの力を借りて手作りされました。お二人で差しつ差されつも、お客様をもてなしたりもできます。

京町家風を叶えるため、お二人の要望を聞きながら、カラコルが造作した囲炉裏。ほっこりとくつろげて、自然と人が集まってくるそうです。

お二人が大好きな骨董品のコレクションもこの家に溶け込んで、京町家の風情を一段と引き立てます。

カラコルでは中古住宅や狭小住宅のリノベーションについても、高い提案力、設計・施工力を発揮し、ご要望にお応えしています。中古住宅や狭小住宅のリノベーションは、古い建物の良さを生かしたり、限られたスペースを創意工夫したり、新築とはまた違う楽しみ、価値があります。

また、今回ご紹介したご夫妻がカウンターなどをDIYされたように、自分たちで手を加えやすいのもリノベーションの魅力です。中古住宅や狭小住宅のリノベーションは難しいと諦めずに、ぜひリノベーションが得意なカラコルにご相談を。ご一緒にマイホームを素敵に、豊かにリノベーションしていきましょう。

 

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。