Blogブログ

もっと知りたい!住まいの光と風のこと〜通風編〜|大阪・神戸の新築戸建・注文住宅はカラコル

2018.06.21

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

注文住宅で明るくて、心地いい家を新築するには、家中に光を取り込む採光と並行して、風が通り抜ける通風も非常に大切です。現在、戸建ての新築は、高気密、高断熱がますます進み、快適度が一段とアップしています。ただ、それだけ室内が密閉されるため、通風が機能しなければ、ダニやカビの原因、湿気やホコリ、ニオイなどをスムーズに排出できない場合もあります。

今回は、前回の採光に続いて、注文住宅の新築に欠かせない通風についてご紹介します。

通風では、窓から入ってくる自然の風を見極めが大切です。自然の風は、地域によって吹く方向が違うからです。ある地域で、日、月、季節、年などある期間に最も多く吹く風のことを「卓越風」といいます。東北地方で夏場に吹く「やませ」、関東地方で冬場に吹く「空っ風」、関西地方の「六甲おろし」などの名前が付けられた局地的な風も卓越風の一種です。

卓越風は地形とも関連し、海沿いの地域なら海がある側から、山間の地域なら山側から風が吹きます。この一定方向から頻繁に吹く風を室内に取り込み、通り抜けるように間取りを考えれば、室内環境をつねに快適に保つことができるのです。例えば、日本では比較的多い夏は南から、冬は北に卓越風が吹く地域では、南北に窓を設置すると、夏は南側から風が入り、北から出ていくので効果的。冬は北風を遮断する工夫を施せば、温かさも確保できます。

 

さて、通風の最重要ポイントとなるのが、窓の配置です。基本は1空間に窓が2面以上あり、一直線に対面するように配置すると、風の入口と、通り道、出口ができます。また、空気は温まると上昇するので、風が低い位置から高い位置へ流れるように窓を設置するのも効果的です。天窓、高窓を設けた吹抜や階段、2階の高い箇所に窓を設けると、夏に気になる熱気を逃がすことができ、地窓と呼ばれる床面に近い位置に窓を設けると、涼しい風を取り込みやすくなります。

窓はサイズにも考慮しましょう。大きな窓は通風にも採光にも効果を発揮し、注文住宅の新築、間取りの際、要望が多いのですが、夏は直射光がたっぷり差し込むので、室温が上昇し、エアコン効率の低下、気密性、断熱性に影響する場合も。間取りにもよりますが、夏は西日が照りつける西側の窓、冬は北風が吹きつける北側の窓は小さめが適しています。

サイズだけでなく、窓には多数のスタイルがあり、間取りの際には考慮が必要です。

まず、日本の住宅でよく見られる引違い窓。サイズも設置スペースも自在で、間取りを選ばないことが利点。左右どちらにも開閉し、風の通り道を作りやすいため、注文住宅の新築でもよく採用されます。

窓の上部を軸に、枠の左右に設けられたレールに沿って外側に開閉する横すべり窓は、開けたい角度を調整でき、つねに通風、換気するために開け放しも可能。浴室やトイレに採用されることが多いです。窓を縦状態のまま外側にすべらせて直角に開ける縦すべり窓は、家の外側を通り抜けるだけだった風を開けた窓がキャッチして、家の中に取り込むのに効果的です。

卓越風や周辺環境などに応じて、カラコルは天窓や高窓、吹抜といった適材適所の窓、間取りを提案し、より快適な通風を実現。窓が2面以上設置できない場合は、風が通る開閉機能ランマ付き扉を採用するなど、通風を兼ね備えた提案しています。

快適な注文住宅の新築に必須の通風ですが、寒さの厳しい地域では通風よりも気密性、断熱性が優先したいのではないでしょうか。また、花粉やホコリ、外部からの視線を遮断したい、防犯を万全にしたい場合、窓は閉めた状態に。雨天や猛暑などでは、窓を開けるとかえって室内環境が不快になってしまいます。そんな時、頼りになるのが「換気システム」です。

換気については、キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの強制換気に加え、住宅を新築する場合、24時間換気システムの導入が義務づけられています。24時間換気とはその名の通り、室内の空気をつねに新鮮に保ち、湿気やニオイ、カビなどの発生を抑えることで住む人の健康を守るものです。

 

換気方式には大きく分けると、「第1種」「第2種」「第3種」の3方式あります。

◆第1種換気/給排気ともにファンなど機械で行う。計画的な換気が可能で、安定して新鮮な空気を供給し、汚れた空気を排気できる。

◆第2種換気/排気側は自然換気、給気側は機械換気で行う。主にクリーンルームなどに採用され、住宅にはほとんど用いられない。

◆第3種換気/排気側を機械換気、給気側を自然換気で行う。安価でランニングコストも抑えられる。

 

カラコルの注文住宅の新築では、第1種換気を採用しています。第1種換気では、機械で給排気を行い、室内の温湿度に近い状態で保つ熱交換換気により、外気温の影響を受けずに空気をキレイにします。四季がある日本で快適に暮らしていただくために、カラコルは風を追求し、風をデザイン。間取りに生かしていきます。明るい光にも心地よい風にも包まれた注文住宅の新築は、カラコルにお任せください。

 

 

 

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。