Blogブログ

あなたは自然素材派?機能素材派?

2018.05.17

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>157</b><br />

家を建築していく際、欠かせない建材や設備選び。住まいのデザインや自分たちの暮らしを想像しながらあれこれ選ぶのは楽しいのですが、外壁材、床材、水廻りなど、一軒の家に用いられる建材・設備の数や種類は相当。メーカーや商品もいろいろあり、どれにするか迷ってしまいますよね。

そこで、今回は家づくりで決めなければいけない部位やその素材に焦点を当ててご紹介します。

■外部

・屋根(瓦、スレート、ガルバリウム)

・外壁材(塗装、サイディング、タイル)

・雨樋、庇、ポーチタイル

・玄関扉、勝手口扉、窓、雨戸、シャッター

・バルコニー、物干し金物

■住宅設備機器

・キッチン(加熱機器、シンク、水栓、食洗機)

・カップボード

・ユニットバス(浴槽、水栓、浴室換気乾燥機)

・洗面化粧台、トイレ(便器、便座、トイレ手洗)

・給湯システム(ガス、電気)

・照明器具

・電気配線(コンセント、分電盤、宅内LAN)

・インターホン、ホームセキュリティ

・換気システム、空調システム

・冷暖房機器(エアコン、床暖房)

■内部・内装

・床材(フローリング、カーペット、タイル、畳)

・壁材(クロス、塗壁、タイル、キッチンパネル)

・天井材(クロス・塗壁・和室天井板)

・内部建具、クローゼットドア

・システム材(巾木、笠木)

・和室(襖、障子、床の間、違い棚、仏間、押入)

・階段、手すり

・収納(玄関収納、パントリー、床下収納)

・収納棚板(固定棚、可動棚)、小屋裏はしご

・カウンター、飾り棚、・室内物干し、

・窓まわり(カーテン、ロールスクリーン)

■外構

・門扉、門柱、フェンス、ポスト、カーポート

カラコルは、建材や設備も住む人や環境にやさしい自然素材にこだわっています。機能素材は、最近、見た目が自然素材と変わらないもの、安全性が高いものが登場。ご予算やご要望によって取り入れています。

では、住まいの部位ごとに、よく用いる自然素材と機能素材の魅力を比較してみましょう。

【外壁】

・自然素材/漆喰または珪藻土

天然の石灰石、珪藻土を練り上げた塗り材で、職人が手塗りするため、ひとつとして同じ模様がなく、高級感が漂います。

・機能素材/サイディング

セメント製や金属製のボードで、外壁の大きさ、デザインに合わせボードを貼り付けていきます。カラーやデザインが豊富で、耐久、耐水性に優れています。

【内壁】

・自然素材/漆喰または珪藻土

塗りの質感で趣のある空間に。素材自体がニオイや化学物質を吸着・分解。調湿性能にも優れ、1年中快適です。

・機能素材/壁紙(クロス)

紙系、繊維系、ビニール系、プラスチック系と、種類も色柄も多彩。汚れてもサッとひと拭き、貼りかえも簡単です。

【床】

・自然素材/無垢材

スギ、ナラ、カバ、パインなどの天然木を使用。足あたりがやわらかく、温かいのが魅力。木目に表情があり、経年変化で色、艶が変わってくるのも味として付き合っていくことで、愛着がわきます。

・機能素材/複合材

複数の合板を重ね、表面に天然木の薄板を張りつけたもの。さまざまな色目、木目があり、ワックスフリーなどの塗装により、傷や汚れなどに強さを発揮します。無垢床に比べコストが安く、反りや収縮が少ない安定した床材です。

【畳】

・自然素材/い草

日本の住まい、日本人の心にしっくりとなじむのが魅力。香りや風合いがよく、浄化、脱臭作用もあり、快適です。

・機能素材/新素材

和紙やポリプロピレンなどで織り上げ、カラーやデザインが多彩で、モダン和室など、インテリアコーディネートの幅も広がります。摩耗や色あせに強く、カビやダニなども防いで清潔、水洗いできるタイプもあります。

インテリアや水回りの設備などは、「こう暮らしたい」という目的で選ぶのもおすすめです。

【キッチン】

・自然素材/デザイン重視

重厚な木目が美しいウォールナットなど無垢扉を選ぶと、高級感とあたたかみがあり、落ち着いたキッチンが叶います。

・機能素材/お手入れ重視

シンクと天板の間に継ぎ目のない一体型カウンター、片手で着脱できる小型フィルターのレンジフードなど、毎日使っても清潔を簡単に保てる設備を選ぶと、家事がラクです。

【カーテン】

・自然素材/雰囲気重視

やわらかでやさしい素材感、肌ざわりのリネン素材、コットン素材を選ぶと、お部屋のムードや居心地もよくなり、無垢の床など他の自然素材ともマッチします。

・機能素材/実用重視

遮光カーテンは光を遮り、寝室に使えば朝までぐっすり、厚みがあるため、冷暖房効率もアップ。紫外線や外からの視線をカットするミラーカーテンも便利です。

自然素材は日本の四季、暮らしに調和し、住む人に健やかさ、穏やかさを与えてくれます。

機能素材は、種類やデザインが豊富。耐久性の高さ、扱いやすさもポイントです。また、一括生産されるアイテムが多く、品質・価格が安定。コスト削減にもつながります。

建材・設備は、便利に生活したいのか、潤いを求めているのかなど、自分たちの希望や暮らしをじっくり考えながら選ぶことが大切。メーカーのショールームに足を運んで、実際に見る、触ることもおすすめです。

カラコルは、リビングは漆喰の壁や無垢の床に、トイレや廊下は複合材、クロスにと、空間の目的や使用頻度などに応じて優先順位をつけ、最適な自然素材、機能素材を提案。もちろん、一つひとつ、丁寧にアドバイスし、一緒にセレクトしていきますので、選ぶものがたくさんあっても安心してお任せください。


★理想の家づくりを実現した人たちがやっている『理想の暮らし診断』はコチラ↓
https://life-style-mining.com/shindan001/yamahisa.html

無料ですので、是非お試しください。

 

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。