Blogブログ

カラコルの建築事例「新世代の家」|大阪・神戸の新築戸建・注文住宅はカラコル

2018.02.22

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

一生に一度の大きな買い物といわれる家。

一般的には30代から40代にかけて検討するケースが多いようですが、

先日、カラコルで20代のご夫妻のお住まいが完成しました。

担当したカラコルの設計士も、プランナーも初の平成生まれのお客様となったK様邸をご紹介しましょう。

 

二十歳で結婚した当初から一軒家を持ちたかったご主人と、

家を持つなら思いをすべて取り入れたいので、もう少し余裕ができてからと考えていた奥様。

休日にふらりと訪れたカラコルのモデルルームにご主人がひと目惚れ。

奥様はワガママを聞いてくれるカラコルのプランナーの対応に「思いきって家を建てよう」と即決されたのです。

土地は奥様のご実家のそばでと希望され、土地探しもカラコルがお手伝いしました。

「敷地に限りがあるけれど、とにかくリビングは広く」というご夫婦の思いを叶えるため、

広さも採光も確保できる2階にリビングを提案。

L字型によって斜めに視界が広がり、窓も多く取れて、開放的になりました。

折上げ天井やダイニングの勾配天井で広さ感を出したのもカラコルの工夫です。

細部のデザイン、インテリアは奥様のこだわりがいっぱい。

これらはすべて「インスタグラム」を見て決められたそう。

住まいやインテリアの雑誌、カタログを参考にされる方が多い中、さすが新世代です。

ミラーや照明もインスタグラムを検索しながら、ショップやインターネットで購入されたもの。

キッチンの入口はアーチ壁。

給湯パネルなどは、出張りがじゃまにならないよう、壁をへこませたニッチの中に取付けました。

奥様のセンスや好みに合わせて、カラコルもインテリアやコーディネートをご提案。

リビングダイニングへの入口の壁にはデザインタイルを貼り、鍵やスマホなどを置ける棚付きで便利です。

2階の扉はカッコいいダーク系を選ばれ、「絶対に譲れない」というご要望がドアノブのにぎり玉。

タッセルをプラスされ、センスが光ります。

1階寝室はおしゃれ感と落ち着きを叶える北欧ブルーの壁に。

デザインや設備仕様に関して、自分の好みに合えばプチプライスでもOKと、

イマドキの方らしく、こだわりがはっきりとしていた奥様。

ご主人も同じで、コストがかかっても、2階は漆喰壁と天然木のフローリング、梁現しの折上げ天井がご希望。

ただ、若いということで予算の心配もされていました。

そこで、カラコルが1階は壁をクロスにするなどコストかけるところ、抑えるところを提案し、

「カラコルさんだから20代でマイホームも夢が叶いました」と、喜んでいただけました。

設備仕様に関しても、よく相談を受けますが、お客様の思いをできる限り叶えられるよう、

一緒に考えながら家づくりに取り組みます。

マイホームは遠い夢とお考えの新世代のみなさんも

カラコルがしっかりサポートさせて頂きますので、お気軽にご相談くださいね。

 

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。