Blogブログ

自然素材の健康住宅カラコルQ&A 「自分でできる住まいの点検方法は?」

2018.01.25

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

こんにちは、カラコルです。

今回は住宅のプロが、自分でできる住まいの点検ポイントをアドバイス。

セルフチェックで万が一トラブルが見付かった場合には、早めに手を打ちましょう。

 

身体の健康同様、住まいの健康も、早期発見&早期治療が大切。

痛みがひどくなる前に修繕すれば、メンテナンスにかかる費用や

工期を抑えられるだけでなく、大切なマイホームを長持ちさせることにもつながりますよ。

 

 

今月のアドバイザー:アフターフォロー&現場監督 上田 勝宣

---------------------------------------------------------------

自分でできる住まいの点検方法は?

--------------------------------------------------------------

まずは、点検口を覗いてみましょう。

ある程度築年数の新しい一戸建の場合、洗面所の床に点検口があり、

床下をチェックできるようになっています。

万が一コンクリートの基礎部分が濡れていたら、バスルームのなどから水漏れしている証拠!

水が溜まっているようならかなり重症です。

すぐ住宅会社のアフターサービス窓口や補修業者に連絡しましょう。

 

同じように天井裏の点検口も、雨漏りの跡はないか、カビ臭くないか、

湿気で木材が変色していないかといった、簡単な目視確認をすることができます。

 

家は非常に湿気を嫌うもの。水漏れ·雨漏りなどのチェックを行うのと並行して、

普段から除湿を心がけるといいですね。

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。