Blogブログ

無垢フローリングでも床暖房は可能? |大阪・神戸の新築戸建・注文住宅はカラコル

2017.12.19

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

こんにちは、カラコルです。

 

寒さの厳しい季節。こんな時期にうれしいのが、足元からぽかぽか暖かい床暖房ですよね。

自然素材の家づくりで知られるカラコル。

お客様から「無垢フローリングにすると、床暖房を設置できないんですよね」といったご質問を受けることがよくあります。

必ずしも、そういうわけではないんですよ!

 

そもそも、無垢材が床暖房に向かないと言われるのは、乾燥や熱が、木の割れや反り、伸縮などを引き起こすから。

これは木材生きている素材だからこそ起こる現象なのですが、床がゆがんだり、すき間ができてしまうと困りますよね。

 

ただし、厚みのある無垢フローリングなら、反りや割れは抑えられます。

さらに、出荷前にしっかり乾かして含水率(気に含まれる水分の割合)を低くした高品質の乾燥材であれば、家を建ててから急激に乾燥が進むといったことも起こりません。

つまり、厚みがある「床暖房対応」の乾燥無垢材なら、床暖房を設置しても大丈夫というわけです。

例えば写真のお宅の場合、床は無垢のパイン材ですが床暖房を入れていますよ。

無垢材だけでも多彩な種類を扱っている当社では、お客様のご要望やお部屋の場所に合わせて、最適な部材をご提案。

それぞれの樹種や性質を理解した上で、プロの目線からアドバイスさせていただきます。

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。