Blogブログ

自然素材の健康住宅カラコルQ&A「構造見学会で見るべきポイントは?」

2017.10.03

<br />
<b>Notice</b>:  Undefined variable: data in <b>/home/sites/heteml/users/0/8/0/08047/web/caracol-house.jp/system/program/lib/qiqFramework.php(267) : eval()'d code</b> on line <b>139</b><br />

こんにちは、カラコルです。

カラコルでは、お客様に住まいの構造をご覧いただく機会を積極的に設けています。

ただ設計やデザインの良さが一目で分かる完成見学会に比べ、構造見学会はどこを見ればいいか分からないといった方も多い様子。

そこで今回は構造見学会についてお客様から多かったご質問にお応えします!

 

今月のアドバイザー:

現場監理 (一級建築士、一級土木施工管理技士、宅地建物取引士) 狗巻 正治

---------------------------------------------------------------

お客様からのご質問①

そもそも構造見学会って行く意味があるの?

---------------------------------------------------------------

近いうちに動くと言われている南海トラフの巨大地震の連鎖に建物がどう耐えるのか、建物の構造が壁に隠れて見えなくなってしまう前にご覧いただける大事な機会だと思います。

 

 

---------------------------------------------------------------

お客様からのご質問②

構造見学会で見るべきところは?

---------------------------------------------------------------

建築会社がどれだけ現場にこだわっているか、現場を見て判断しましょう。

それはどこで分かるのか?

まずは「資材への心配り」です。

汚れないよう、濡れないよう完璧に養生されているか、柱に傷を付けていないか。

お客様の大切な商品に、無駄な釘など打っていたらそれだけでアウトです。

二つ目は「安全への心配り」ですね。

仕事のできる職人さんほど身の回りはきれいです。

作業効率が良くチリひとつない現場からは、事故など起こりません。

三つ目は「近隣への心配り」です。              

その基本をチェックするだけで、会社のコンセプトがどこまで現場に反映されているか分かります。

 

 

---------------------------------------------------------------

お客様からのご質問③

カラコルならではの構造の見どころって?

---------------------------------------------------------------

背割り(柱のひび割れを防ぐために入れる割れ目)の無い国産ひのきの天然無垢柱をぜひ近くで見て、50年かけてじっくりと育てられた木の香りを感じていただきたいですね。

 

※最後に現場監理の立場からメッセージ※

これからも「お客様の安全を守る家を建てる」ために、しっかりと心配りをして行きたいと思っています。

 

一覧にもどる

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。