カラコルの家

tel:0120-87-8013

営業時間 : 午前10時~午後6時

カラコルの家

敷地13坪からの狭小地向け家づくり

隣地とのすき間15cm から建築可能です。

狭小地でも3階建てにすることで
豊富な収納と広い生活スペースが作れます。

  • 施工事例ページ
  • 快適な住まいに欠かせない条件は?
  • カタログ無料プレゼント

狭小地を選ぶメリット

大阪の中心地やその付近だと、変形地や住宅密集地などといった場合も少なくありません。狭いというデメリットはありますが、広さより叶えたい希望があるなど建売では満足できないこだわりがあったり、できれば郊外よりも大阪市内に近いところに住みたいなど、条件によっては狭小住宅を選ぶメリットがない訳ではありません。では狭小地のメリットを上げてみましょう。

  • 1.

    デザインにこだわった家、交通の便がよい所に家が持てる。

    デザインにこだわった家、交通の便がよい所に家が持てる。

    土地代は安く済むので、その分、デザインなどこだわり住宅にお金をかける事ができます。交通の便がよい都会に「自分のこだわりを活かした家を持ちたい」という人にはおすすめです。

  • 2.

    建築費以外にかかる費用を安く抑えられる。

    建築費以外にかかる費用を安く抑えられる。

    狭小住宅は建築費に関しては、それ程安くならない場合もありますが、それ以外にかかる費用(例えば家を建てる前の申請費用や登記費用など)に関しては、通常の戸建に比べかなり安く抑えることができます。

  • 3.

    3階建ての快適な住宅を手に入れることができる。

    3階建ての快適な住宅を手に入れることができる。

    狭小地は郊外よりも都心に近い場所に多いため、周りの住宅が密集し、採光や通風もままならないことがあります。つまり建築基準法上で制限されていない限り、3階建てにすることで自分の希望に合った快適な住宅を手に入れることができるのです。

3階建てのメリット

では、狭小地で3階建てを建てることの最大のメリットについてご紹介します。

  • 1.

    狭い敷地でより広い住居スペースを確保できる。

    狭い敷地でより広い住居スペースを確保できる。

    2階建てよりも床面積を広く使えるので、間取りの工夫で、書斎や大きめの収納スペースなどの設置が可能になります。

  • 2.

    建ペイリ率の関係で車を止めるスペース中庭が作れる。

    建ペイリ率の関係で車を止めるスペースや中庭が作れる。

    敷地に多少の余裕ができるため、車を止めるスペースや小さな中庭を作る事ができます。

  • 3.

    地震に強い3階建て住宅

    地震に強い3階建て住宅

    国土交通省の調査によると、東日本大震災において、3階建て以上の建物は、平屋建てや2階建ての家屋に比べ、流出・全壊の被害が大幅に少なかったとのデータが出ています。これは3階建て以上の建物は「近代工法」で作られているためです。

  • 施工事例ページ
  • 快適な住まいに欠かせない条件は?
  • カタログ無料プレゼント

失敗しない狭小地住宅なら
カラコルにお任せください。

敷地13坪から、隣地境界15cmから建築も可能!
更に、立体的な3階建ての建築も可能!

  • 限られた敷地を有効に活用出来るため、
    広い生活スペースを確保することが出来ます。
  • スキップフロアなど、すき間を活かした収納により、広い生活スペースと収納の両立が出来ます。
  • 敷地の境界ギリギリまで活かした3階建てのお家です。

    敷地の境界ギリギリまで活かした3階建てのお家です。

  • 細長くても中は広々とした
    空間のあるリビングです。

    細長くても中は広々とした空間のあるリビングです。

  • スキップフロアを創ることで、生活空間をゆったりとれます。

    スキップフロアを創ることで、生活空間をゆったりとれます。

なぜカラコルなら可能なの?

  • 1.

    高い設計力

    似たようなプランの組み合わせではなく、千差万別な暮らし方に合わせて、オンリーワンの住まいをご提案する自由設計によって磨かれた設計力により、お客様の悩みを解決するプランを実現します。

  • 2.

    高い施工技術

    狭小地では隣地との兼ね合いも出てきますので、設計したとおりに作りきる技術が必要になって来ます。地価が高く、土地が小さい大阪で創業40年以上の間に 培われた技術により、隣地との境界を気にせずに建物の建築を可能にします。

  • 3.

    豊富な収納

    車庫を活かした収納「車庫蔵」や、居住空間はそのままに、地下に大きな収納力を持つ「堀蔵」などをつくることで、狭小住宅によくある悩みの収納不足や居室スペース不足を解消します。

  • 施工事例ページ
  • 快適な住まいに欠かせない条件は?
  • カタログ無料プレゼント

施工事例

  • 敷地16 3階建てだからこそできる、狭小地でのゆったりとした生活空間

    3階建てだからこそできる、狭小地でのゆったりとした生活空間

    建築時はイタリアに料理の修業に行かれていたご主人が、現在はピザの店を経営されていることもあり、外観から照明、内装の飾り付けまで強い南欧風へのこだわりが感じられます。また、開口二間を感じさせない広々とした空間が印象的です。初回プランから間取りはかなり変更されましたが、最終的には満足のいく家づくりができたとお喜びいただけました。

  • 敷地23 それぞれのこだわりをカタチにした完全2世帯の家

    それぞれのこだわりをカタチにした完全2世帯の家

    それぞれの生活スタイルが違うため、1階はご両親、2階・3階は娘さんご夫妻という完全2世帯のお住まいです。1階は和のイメージ、2階は開放感のある間取りにこだわっています。また、できる限りの収納、そして中庭か裏庭として和の庭を作りたいとのご要望を「坪庭」というカタチで実現しました。

  • 施工事例ページ
  • 快適な住まいに欠かせない条件は?
  • カタログ無料プレゼント

お客様の声

  • 大阪府大阪市
    T様・S様邸

    大阪府大阪市 T様・S様邸

    まず最初に有難うございます。諸々に関し御礼申し上げます。御社と御縁を頂き二世帯住宅という選択を致しました。着工から入居にいたる数か月のこと人生の終わりをすごすのに大変満足のいくものです。関わって下さった数々の人々の温か味と誠実さある対応いかん住まいとして福が訪れそうな予感を感じつつ 日々過ごしてまいりました。以後のアフターケアもすみやかで気持ちの良い心地と安心感を維持しつつ感謝の念にたえません。

  • 大阪府大阪市
    N様邸

    大阪府大阪市 N様邸

    当初、狭い土地に建てるプランを多数の会社に提案を頂きました。その中で、設計の自由度と発想に秀でていたのがカラコルさんでした。車庫蔵という収納スペースも広く、主人の部屋として活用しています。金額の事も親身になって乗ってくれましたし、満足してます。近くの両親の家も紹介しカラコルさんで建ててもらいました。親子2代カラコルファミリーです!! 日々過ごしてまいりました。以後のアフターケアもすみやかで気持ちの良い心地と安心感を維持しつつ感謝の念にたえません。

  • 大阪府大阪市
    T様邸

    大阪府大阪市 T様邸

    他のハウスメーカーにもそれぞれ良いところがあり、色々と見て回りました。そんな中、良いところをまとめて頑張ってくださったのがカラコルさんでした。各担当部門の方々も一生懸命で、私たちの要望を聞き入れるだけでなく、それ以上の提案もしていただいたので、よりよい空間づくりができました。快適で楽しい日々を家族みんなで過ごしています。本当にありがとうございました。 日々過ごしてまいりました。以後のアフターケアもすみやかで気持ちの良い心地と安心感を維持しつつ感謝の念にたえません。

よくあるご質問

  • Q狭小地を紹介されたけど、本当に家を建てられるの?

    敷地の形状をきっちり調査してからにはなりますが、カラコルでは狭小地での施工実績が多数ありますので、あらゆる角度からベストなプランニングを検討させて頂きます。

  • Q車の駐車スペースってとれるのかな?

    ビルトインガレージにする等、具体的に構造の検討をさせて頂き、なるべくお客様のご希望に添ったプランをご提案します。

  • Q隣地と近くても採光、通風が確保出来るの?

    配置や上にトップライトをつけるなど、工夫次第で光を採り入れる事が可能です。
    また、最多風向(最も風が吹いてくる向き)や季節、時間帯を調べることによって、十分に風を取り入れる間取りをご提案出来ます。

  • Qどんなお家が建つかイメージできず不安なのですが?

    カラコルではご提案の段階で、平面図はもちろん、立面図、CGを使ったパースをご覧頂けますので、実際のお家をよりリアルにイメージして頂くことが出来ます。

  • Qどこに相談しても暮らしにくい間取りを提案されるのですが?

    創業45年以上のカラコルでは、狭小地の実績が多数ございます。施工に関しても蓄積したノウハウがありますので、ご希望に併せた提案をさせて頂きます。ぜひ1度ご相談下さい。

  • 施工事例ページ
  • 快適な住まいに欠かせない条件は?
  • カタログ無料プレゼント

ページ先頭へ