Ground diagnosis地盤カルテ

家族が安心してゆったりできる場所を探そう

幸せはJIBANの上に築かれる

カラコルは家族の大切な未来を見つめています。
「大切な家族が居る」その家族の安心を守る為に、建物を支えている地盤に対してもしっかりとこだわります。

その土地が以前、どのような土地だったのか、繰り返される震度7に果たして耐えられる地盤なのか。
激震に2度襲われた熊本では、多くの家屋が全壊したエリアのそばにほとんどの住宅が残っている場所がありました。
その被害の差を生んだのは何だったのか、それは表層地盤の強弱だと言われています。
地震列島に住む私たち、一人ひとりにとっても家族を守る為には地盤のリスクを知る事から始まります。

あなたの地盤は大丈夫ですか?
<地盤カルテ®>で地震による揺れ易さや液状化リスクを調べてみませんか?

地盤カルテ®とは

地盤カルテ®は、住所等を入力するだけで、
全国どこでも改良工事率、浸水リスク、地震による揺れやすさ、土砂災害危険リスク、液状化リスクの
5項目の地盤・災害リスクの指標についてまとめたレポートを無料でメールで受信できるサービスです。

地盤カルテイメージ

住所を入れて1分で災害リスクを調べられる!

住所
※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。

地盤カルテ®でわかること

土地の安全スコアを5つの観点から100点満点で評価されます。

住所を入れて1分で災害リスクを調べられる!

住所
※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。

地盤カルテ®の使い方

調べたい土地の住所を入力して送信ボタンを押します。
地盤カルテ®作成画面に切り替わりますので、必要事項を入力してください。
入力した住所と表示されている地図が若干ズレている場合がありますので、地盤カルテ®作成場所まで地図の中心位置を移動してから、送信ボタンを押してください。
数秒で、指定のメールアドレスに地盤カルテ®が届きます。

住所を入れて1分で災害リスクを調べられる!

住所
※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。

地盤カルテ®の見方

申込から数秒後には、ご指定のメールアドレスに「地盤カルテ®」が届きます。
指定した土地の総合評価が、「○○点/100点」で表示されますので、誰でも簡単に土地の状態が分かります。

改良工事率

対象地より3km圏内の当社判定による改良工事率を20%きざみで5段階に区分して評価しています。

浸水リスク

地震による揺れやすさ

液状化リスク

土地条件図(同図カバーエリア)、または自然環境条件図(土地条件図カバーエリア外)にて、国土地理院が自治体のハザードマップを作るために作成したリスク区分を参考として地形区分からリスク区分、各スコアを算出し、それぞれ5段階で評価しています。

※出展:国土地理院技術資料「土地条件図の数値データを使用した簡便な災害危険性評価手法」

http://disaportal.gsi.go.jp/totijouken/manual.pdf

土砂災害リスク

土砂災害危険箇所と対象地との距離から、リスクを1、3、5の3段階で評価しています。

住所を入れて1分で災害リスクを調べられる!

住所
※住所を入力して送信ボタンをクリックするとカルテ作成画面に移動します。

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。