Staff Blogスタッフブログ

トレンドは自分流リフォーム

2018.10.18

カラコルでは、「マイホームの夢を叶えたい」「おしゃれな家に住みたい」という方に向けて注文住宅の新築や資金計画などのセミナーを定期的に開催し、好評をいただいております。

今回は、リフォーム・リノベーションをテーマに開催したセミナーから現在のトレンドや、おしゃれな家へとリフォーム・リノベーションするポイントをご紹介します。

リフォームでおしゃれな家のLDK

まずリフォームとリノベーションの違いをおさらいしましょう。

▼リフォーム/古くなったり、壊れたりした箇所を取替、貼替、塗替などして元に戻すこと。

▼リノベーション/住宅の改装・修復という意味の英語。柱や壁などを取り払って間取り、設備仕様を変えたり、機能性や居住性を高めたりと、住まい全体を大幅に刷新し、新しい価値を与えること。

戸建て・マンションを問わず、ここ数年リフォーム・リノベーションによって「おしゃれな家をつくりたい」というニーズが非常に高く、内容も多種多様になっています。

要望や物件の状態、仕様によって異なってきますが、リフォーム・リノベーションの種類としては、キッチン・バスルーム・洗面室・トイレといった水廻り、リビングダイニングや窓・床・クロスなどの内装、外壁・屋根・エクステリアなど外装・外構といった機能性や居住性、デザイン性を上昇させるリフォーム・リノベーション、住まいの気密性・断熱性を高める断熱リフォーム、駆体構造を見直し、耐震性や耐久性を強化する耐震リフォーム、二世帯リフォームをはじめとする家族構成やライフスタイルの変更に伴う間取り変更が挙げられます。

また、一般的には、内装と水廻りの設備仕様を取り替える工事をリフレッシュ、壁などをすべて取り払って間取りもデザインも大幅に変更する工事をスケルトンといい、リフォーム・リノベーションを検討、依頼する際に覚えておくとよいでしょう。

リノベーションでおしゃれな寝室

水廻りや内装といった設備仕様ごとのリフォーム・リノベーションは、現在お住まいの家をなんとかしたいという要望が主流です。それに対して、人気が一段と高まっているのが中古の戸建て・マンションを購入してのリノベーション。少子高齢化などに伴い、政府が既存住宅・リフォーム市場の規模拡大を目指す施策を打ち出していることやリフォームローンも長期間組めるようになってきたというメリットに加えて、マイホームやライフスタイルに対する価値観の変化が影響しているとも考えられます。

今、世間では個性を貫くのではなく、既存アイテムを上手くカスタマイズし、自分らしい価値や喜びを味わう傾向が強く、マーケットも反応しているようです。

マイホームも既存住宅を自分流にカスタマイズし、身の丈や思いに合ったデザイン・間取りのおしゃれな家を手に入れて、おしゃれに暮らしたい、また自分たちで手を掛けるDIYも楽しみたい人が増え、その思いに中古リノベーションがマッチしているのでしょう。

リフォームでおしゃれなリビング

そんな中古リノベーションの最近のトレンドは、中古の趣をほどよく漂わすヴィンテージ風スタイル。飴色のフローリングやエイジング塗装をしたドアなど、新品でも使い込んだような風合いと味わいがある建材が人気で、建築現場で使われる足場材など古材を加工する場合も。ウッドとアイアン、ウッドとレザーといった異素材の組み合わせたヴィンテージなインテリアも上手くコーディネートされるようです。

また、中古リノベーションのおしゃれな家として最近人気があるのがカフェ風スタイルと西海岸風スタイル。カフェ風スタイルでは、カウンターキッチンや見せる収納、インダストリアルな照明などを取り入れたい要望が多数。西海岸風スタイルは、古き良きアメリカの住まいやリゾート、サーフショップなどイメージし、壁をブルーやエメラルドグリーンで塗装して爽やかなアクセントを付けたり、レンガやタイルを上手く取り入れたりされています。

カラコルにとってリフォーム・リノベーションは創業事業であり、45年以上培ってきた実績と経験に基づく高い設計施工力を誇ります。もちろん、リフォーム・リノベーションのトレンド、時代や住まいを求める方々のニーズの変化も敏感にキャッチして提案。より一層のおしゃれな家を叶えています

リフォーム・リノベーションもぜひカラコルにお任せを。またリフォーム・リノベーションに関するセミナーも随時開催していくのでご参加ください。

リフォームでおしゃれなキッチン

 

★理想の家づくりを実現した人たちがやっている『理想の暮らし診断』はコチラ↓

https://life-style-mining.com/shindan001/yamahisa.html

無料ですので、是非お試しください。

お問い合わせはこちら
0120-87-8013(ヤマヒサ住宅事業部)お気軽にお問い合わせくださいませ。